先輩社員から一言 (システム技術課)

2017年入社

入社のきっかけは?

私は大学時代に電子通信工学を専攻しており、元々電子部品には興味がありました。なので、太陽誘電という社名は学生時代から馴染みがあったのですが、関西に拠点があることは転職活動を行ってから知りました。
前職では主にメカ設計を担当していたのですが、この会社に就職してメカと電気回路の両方の土地勘が活かせる仕事に魅力を感じ、入社を決断しました。

どんな仕事をしていますか?

所属はシステム技術課という部署で、全工程の生産システムの生産性アップを図っています。その中で、完成品検査工程での製品測定のタクトアップ、測定精度アップを両立させる技術開発を担当しており、まさにメカと電気の両分野の知識経験をフル動員させて工程設計を行っています。
極限まで小型低背形状へと進化した電子部品に対し、より高精度で挟偏差な電気特性が求められています。砂粒ほどの部品形状に信頼性の高い測定端子を正確に接触させ、如何にばらつきの少ない測定結果を導けるか、がコア技術であり、お客様に安心して使っていただく為の重要な関所となります。原価性を抑えつつも信頼性の高い測定結果を導く事に技術者としてのやりがいを感じています。

最後にメッセージを!!

私の祖父が和歌山出身であり、和歌山の魅力は小さい頃から知っているつもりです。情報誌で紹介される様な柑橘類や海産物もよいのですが、地元のスーパーで日常の食卓に並ぶ様なお刺身や焼き魚の鮮度や質は都会では考えられないほど水準が高く、しかも安いんです。海産物だけではなく、野菜や果物も。人生の豊かさへのものさしは人それぞれかもしれませんが、私はこの土地での食生活はかけがえのない物と思っています。多くの人に和歌山での生活を体感してもらえるとうれしいですね。

ページの先頭へ戻る