先輩社員から一言 (システム技術課)

2014年入社

入社のきっかけは?

結婚を機に地元へ戻ることを考え、母校へ転職の相談をした際にこの会社を紹介されました。社名が変わる前でしたが、すでに太陽誘電の主要拠点の一つとして、市場競争力のある商品を生産している事を知りました。
前職では機械設計を担当していた経験から、システム関係の業務に就くことを希望、会社見学の際に、非常に高精度な設備産業である事をこの目で体感し、入社しました。

どんな仕事をしていますか?

私の担当は部品製造過程において、中間プロセスのシステムの導入~管理までを行っています。現在はその工程の一つとして熱処理を行う焼成炉の新規立ち上げを進めています。焼成工程での雰囲気ガスの組成コントロールは製品性能に大きく影響を与えます。単純な設備管理基準を作成するのでは無く、最終製品の電気特性や信頼性にどんな変化をもたらすのか、を定量的に解析し最適な焼成条件を導きます。
焼成プロセスは素材の特性を最大限に引き出す為の最も重要なプロセスになります。メカニカルな知識のみならず、磁性体材料特性やインダクタの電気特性など、商品開発のメンバーと議論を行いながら、自分の専門外の知識吸収も積極的に行う事が重要だと思っています。

最後にメッセージを!!

会社は非常にアットホームな雰囲気です。これは会社というより、和歌山の地域性かもしれません。住んでみると、近所の方から農産物や海産物を頂く事が多いのです。和歌山という県民性が柔らかいコミュニティー環境を作っており、子育てにも最高の環境だと思います。
でもここで生産している製品は世界中のスマートフォンに数多く採用されており、最先端でハイテクな事業内容とこの地域性とのギャップが興味深いところでもあります。仕事と生活の不思議な温度差に魅力と刺激を受けています(笑)。

ページの先頭へ戻る