先輩社員から一言 (製造課)

2017年入社

入社のきっかけは?


私は高校生の時から物作りに興味を持っており、卒業後は製造系の職に就きたいと考えていました。和歌山市で行われた企業説明会で、和歌山太陽誘電の事業内容を初めて知りました。普段から使用しているスマホの中に製品が数多く使用されている事や、世界最先端の積層技術を用いた物作りに魅力を感じ、これが入社への動機になりました。
 

どんな仕事をしていますか?

私が所属している製造部は、材料工程から出荷検査工程まですべての生産設備を稼働させている部署です。生産管理部門より指示された生産計画に合わせ、商品アイテムごとの数量を確実に達成する責任を背負っています。その中で日常の設備稼働の動作確認や点検を行う事が私の役割です。一つの工程でトラブルが発生すると、工程全体に大きな影響を与えてしまいます。設備トラブルを防止する最も重要で基本的な事は、5S活動を確実に実行し整理整頓の徹底である、と教わりました。また工程に異常を発見した際は、システム担当のメンバーへ状況を速やかに報告し、早い対応が必要になります。そのためメンバー間でのコミュニケーションを常に意識する様になり、チームとして多くの先輩たちとの一体感のある仕事にやりがいを感じています。
 

最後にメッセージを!!

職場の雰囲気は明るく、先輩の方々も気兼ねなく会話していただけるので、言いたい事が普通に言える環境です。私は少し内気な性格なのですが、色々な部署の人とコミュニケーションを意識する様になってから人見知りは全くしなくなりました。
最先端の技術で世界中に展開している製品をちょっと自慢したくなりますよ。この会社を一緒に盛り上げてくれる仲間が沢山来てれる事を期待しています。

 

ページの先頭へ戻る