先輩社員から一言 (製造課)

2017年入社

入社のきっかけは?


高校生の時の企業説明会でこの会社の説明を聞いたのがきっかけです。元々私は進学するつもりだったのですが、通っていたのが工業高校だったので、就職も捨てがたいなと悩んでいました。そんなとき説明会で、こういう世界に通用するような小さな電子部品を和歌山でも作っていたのを初めて知り当時とても印象に残ったのがきっかけで入社を決めました。
 

どんな仕事をしていますか?

主に”機械オペレーター”として製造現場で作業を行ってきました。実際の設備は自動で稼働していますが、製品の仕様によって歩留まりやちょっとしたエラーの発生頻度が異なってきます。私は日常の稼働率や不良率を改善してゆく為の課題を抽出し、その作業改善を進めています。現場ではミスをしないような確認作業がとても重要です。集中力、慎重な行動が必要とされる仕事だと思います。
現在は設備の稼働状況の統計的な処理を通して、運用改善を推進する業務に取り組んでいます。統計学は改めて学習するテーマですが、科学的なデータ分析をしっかりと学んで、客観的なデータから作業効率を改善できるスペシャリストに成長してゆきたいと考えています。
 

最後にメッセージを!!

社会人になると右も左も分からないことばかりで不安だと思います。でもこの職場には、丁寧に教えてくださる方ばかりですので、安心して働ける職場です。仕事のやり方も現場の私たちの声で改善していけますし、作業場も安全面がしっかりと対策されているのでそこも安心です。自分の手で作ったものが世界のどこかで使われていると思うと、非常にやりがいを感じる仕事です。少しでも世界に通用するものづくりがしたいと思った方は、是非私たちの会社へ足を運んでみて下さい!

ページの先頭へ戻る