先輩社員から一言 (商品開発課)

2015年入社

入社のきっかけは?

私は、大学で主に金属やセラミックスなどの無機材料について学びました。そして、出身地である和歌山県で、大学で学んだことを少しでも活かした、ものづくりの仕事がしたいという思いがありました。就職活動で和歌山県の企業の就職サイトを見て、和歌山太陽誘電ではインダクタを製造しており、インダクタの材料として、無機材料が用いられていることを知り、この会社を志望しました。

どんな仕事をしていますか?

電子部品業界は、他社との競争が激しいため、市場の変化に伴い、常に新しい商品を開発していく必要があります。積層商品開発課では、親会社の太陽誘電と連携しながら、新製品の開発を行っています。コンピュータを使ってシミュレーションし、新しい製品の設計を考えたりしています。また、製品が作られていく過程で不良品が発生します。その不良品の数をできるだけ少なくするために、その工程で出た不良品を様々な測定機器で解析して原因を探り、対応策を考えて生産プロセスを改善する業務を行っています。それ以外にも、なるべく短時間で大量に生産できるように製造装置の一部の部材を変えたり、一度に装置に投入する個数を変えたりして実験を行い、条件を変えても変質が維持されているか確認しています。

最後にメッセージを!!

職場の雰囲気はとても明るく、先輩社員の方々とも気兼ねなく話せるような環境です。わからない点があれば、先輩方が優しく丁寧に教えてくれます。また、商品開発課ではチームで意見を交わし、物事を様々な面から考察したり、評価したりすることが大切になってきます。きっとみなさんの持っている知識や長所を生かせる場があるはずです。一緒に最先端レベルのインダクタの開発に携わってみませんか。

ページの先頭へ戻る