先輩社員から一言 (経理課)

2014年入社

入社のきっかけは?

前職では会計事務所での勤務経験があり、その経験を活かせる職場を希望、この会社で給与担当として採用いただきました。当時は太陽誘電という社名に変わり、本格的なインダクタ生産拠点として機能し始めた時期でしたが、文系の私には技術的な価値は、正直よくわからなかったのが本音です。でも今は仕事と趣味が充実できる環境となって、本当によかったと思っています。

どんな仕事をしていますか?

入社当初は給与計算を担当していました。保険や税金など、自分の実生活に役立つ知識も沢山勉強する事ができました。今は経理担当として会社の財政的な健康状態をチェックするのが仕事です。単なる数字の集計作業だけではなく、社員さんへの原価意識をしっかり根付かせる事が、まず健全な財政を生む原動力になると考えます。設備がある現場に入り、稼働率や減価償却が商品原価にどの様な影響を与えるか、これらを担当者と共に議論する事で、現場の隅々まで原価意識という”栄養”が行き渡り、より健全な会社体質が形成される、そんな仕事にやりがいを感じています。

最後にメッセージを!!

経理の仕事は間違いのない数字を扱う事が大前提ですので、やはり少なからず神経を使います。ですからオンとオフの上手なコントロールを意識しています。バイクと山登りが趣味の私にとって、和歌山は最高のロケーションかもしれません。海あり山ありのワインディング・ロード、熊野古道や高野山など。仕事もプライベートも自分次第で充実したものに出来ると思いますよ。

ページの先頭へ戻る